アパートや一棟マンションの売却準備 どんな書類が必要?

不動産知識

アパートや一棟マンションを売却検討しているオーナーに

実際に売却するとなれば、どんな書類が必要なのかなど

情報をまとめてみました。

 

 

売却しようかな?と思ったときに準備する書類

アパートや一棟マンションを売却するときには
下記のような書類があると、スムーズに売却できます。

・権利書

・建築図面

・家賃収入表

・修繕履歴

・固定資産税の内訳

・賃貸借契約書

他にも細かな書類があれば、なおいいですが
上記の書類があれば、売却するときに買主様にも
スムーズに説明ができるので、買主様の決断も早くなります。

権利書は、不動産会社が所有しているかどうかの
確認をするために謄本と照らし合わせて確認するためです。

買主には権利書は必要ありません。

建築図面は、購入検討者や銀行等がどんな建物なのかを
把握するために必要な書類です。

家賃収入表は、どの部屋からいくら家賃等が入っているかという
内訳表と思えばいいでしょう。

修繕履歴とは、今までにどんなリフォームをしたかを
年代別に一覧にした表です。

これがあれば、買主様が購入価格を判断しやすくなりますので
修繕履歴は作っておくべきです。

いつ、どんな工事をしていくらかかったか?というだけですので
記録しておけば、いい内容だと思います。

固定資産税の評価は、購入見込み者が融資を受けるときに
必要になってくる書類で、固定資産税納付書の中にも明記されています。

なければ、区役所や市役所で公課証明という書類で
発行してくれます。

賃貸借契約書については、どの部屋にどんな人が住んでいて
いくらの家賃を支払っているかや、退去した時に
どれだけのルールなどが書かれています。

家賃収入表がなくても、各部屋の賃貸借契約書があれば
収入表は作れますので、この書類は重要だと思います。

他にも書類はまだまだありますが、細かくなるので
上記の書類だけでも十分だと思います。

売却するときには、上記の書類の準備をしておくことで
スムーズな流れで売却活動ができます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。