満室と空室でアパートの売値は違うの? 損して売却しないコツとは?

修繕した住宅不動産知識

アパートの査定価格は、現在の入居家賃の収入状況によって

変わることもあります。

今日は、そんな情報をまとめてみました。

 

 

空室と満室とでは、アパートの売値が違うのはなぜ?

空室と満室では、入る家賃が違います。

つまり、10万円の収入と20万円の収入が入るアパートの
売値が違うように、空室が多いアパートやマンションだと
その分の売却価格にも差が出てしまうわけです。

中古住宅 買取

 

他にも満室中であっても外壁工事をすぐにしないといけないときなど
建物メンテナンスに大きな費用がかかる場合には
売却価格が下がることもあります。

築年数古い家

 

日頃から、入居率はもちろんのこと、建物メンテナンスなどの維持管理を
しっかりと行うことで、購入者が購入後の必要費用が少なくてすむようになるため
価格の減額交渉が入る金額もなくなる、もしくは最小限に抑えることができます。

 

日頃の必要な建物維持管理費は、別にとっておき、必要なタイミングで
必要な建物メンテナンスをしっかりと行うことで、結局、アパートやマンションを
高く売れることにもつながります。

そして、共用部分や外壁がきれいであれば
入居が決まりやすくなることにもつながります。

日々の建物管理、修繕などとっても大切なわけですね。

ぜひ、参考にしてみてください。