誰でも分かる 地盤の知識

不動産知識

お客様から「この辺りの地盤は大丈夫なのですか?」

との質問を受けることが増えています。皆さん南海トラフ

地震への意識が高まってきている証拠なのでしょうか。

 

先日も住宅業者さんとの話のなかで「更地を購入して

地盤調査を行ったところ、結果が悪く予算を追加して

改良工事が必要になった。」との話を聞きました。

%e5%9c%b0%e9%9c%87%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

 

 

 

 

 

そこで、検討したい場所の地盤を、簡単に推測できる方法

をお伝えします。

①地名

町名や字名などの地名には、過去にどのような場所だった

のかを知る、手がかりとなる名前が多く残っています。

例えば、渋、五反安などは、水が関係する地名

で、地盤には注意が必要となります。

②地形

斜面を利用した分譲地などでは、ほとんどの場所で切土

や盛土と言われる工事を行っています。問題になるのは

盛土部分です。(マスコミで騒がれている、例の工事です)

本来の地形を削った部分の切土に対して、文字通り土を

盛った部分のことです。やはり地盤は心配です。

③現地確認

現地見学の際に是非見ていただきたいのが、敷地内の

高低差や塀の傾き、建物の外壁、基礎の状態です。

敷地の一部で低い部分や、穴があると地盤沈下の疑い

があります。外壁や基礎にひび割れがあれば、地盤が弱く

傾いているのかも知れません。

 

もちろん、正確な地耐力データの取得には現地調査が

必要になりますので、一概には言えません。

ただ、地盤が気になる方はこの3つのポイントを踏まえて

物件探しをしてはいかがでしょうか。不動産物件を見る

目が変わってくると思います。

 

グローバルセンター 物件情報