築年数が古い家を売るときの一番いい方法はある?

高松市空き家不動産知識

築年数が古い家を売りたいと思ったときに

どうすればいいのかの情報をまとめてみました。

 

 

 

築年数が古い家とはどのぐらいが目安なのでしょうか?

よく築年数が古い家と言葉では聞きますが
実際には、どのぐらい年数が経過しているのを
いうのでしょうか?

築年数古い家

特に決まってはいないのですが、家は木造建築が一般的に多く
耐用年数で判断すると22年経過すると、減価償却資産は0になります。

そういった指標を判断すると年数が経過した家は
築22年以上と考えるのがいいのかもしれません。

ただし、住宅に使った木の素材や住み方、
修繕具合によって、かなり変わってくる可能性はあります。

修繕した住宅

 

 

古い家は更地にしてから売りに出す方がいいの?

築30年以上経過している家を売りに出すときに
建物を解体して売りに出す方がいいのでしょうか?

30年以上の古家

このような相談をよく頂きますが、よく考える必要があります。

解体することで、土地を購入する人にとっては
新しく建てる家のプランやイメージなどがしやすくなるので
いいとは思います。

でも、売る側としては、売ってお金をもらう前に
建物を壊す費用がかかってしまいますので
先にお金を準備する必要があります。

 

手持ち資金がある人はいいのですが

手持ちの現金を持っていないとか

売れなかったらどうしよう

など、心配な人にとっては、よく考える必要があります。

 

他にも、購入者からの目線で考えると、建物をフルリフォームして
新築同然にするために物件を探している人にとっては
建物がついていた方がいい場合もあります。

ということで、土地と古い建物を持っている売主様で
売却を検討しているときは、グローバルセンターに
お気軽に相談してください。

そのようなケースを多く取り扱っておりますので
きっといいアドバイスができると思います。

もちろん、相談は無料ですし、相談だけでも結構です。

→グローバルセンターはこちら♪♪