「土地」の価格とは・・・・

グローバルセンターより

皆様からよく聞かれる質問といたしまして、「この土地は

いくらなの?」もしくは「いくらならこの土地は売れるの

かしら?」ということがあります。

 

つまり、土地の価格は、物の値段の中でも、一般的には

非常にわかりにくいものといえます。

 

なぜ、わかりにくいかというと、同じ土地に対していくつもの

価格が存在し、それぞれに決め方が違うからです。

 

一般的に、よく知られている価格は、国や地方公共団体

が指標として公表する「公的価格」が挙げられます。

具体的には、「公示価格」「基準地価」「路線価」

「固定資産税評価額」の4つがあります。

この4つともそれぞれも目的や管轄する省庁、役所が

異なるため、同じ土地でありながら、価格が異なって

おります。

 

上記4つの「価格」に対して、不動産市場で取引される価格

「実勢価格」といいます。

また、この実勢価格も我々不動産業者が、相場などを考慮して

お客様にご提示する「査定価格」や、そのお客様のご意向を反映

させる「売出価格(販売価格)」、そして実際に売買が成立した時の

「成約価格」があり、それぞれ価格は異なることが一般的です。

 

尚、上記にて取り上げた「公的価格」「実勢価格」を決める際に

1つの指標となるのが、「不動産鑑定評価額」です。

「不動産鑑定評価額」は不動産鑑定士の調査によって求められものです

ので、不動産会社や売主や買主のどれにも偏らないある面、客観的な

交換価値を示すものといえます。

 

以上、土地の価格について、ご説明いたしましたが、それぞれ個々の

案件についてのご相談は、グローバルセンターをご用命ください。

 

お待ちいたしております。

空き家問題