不動産を購入する際に必要な費用が知りたい 目安はどのぐらい?

不動産 購入不動産知識

不動産を購入する時の費用が知りたい方に

どんな費用がかかるのか、目安でどのぐらい?

みたいな情報をお届けします。

 

不動産を購入する際の費用

・登録免許税

・仲介手数料

・売買契約書印紙

・司法書士の手数料

不動産を購入する時には、
上の項目の費用が必要になります。

 

購入後にかかる費用

不動産収得税

 

以上の内容が費用としてかかります。

 

安全な売買取引

登録免許税や不動産取得税は、
固定資産評価の額により変わってきますので
どのぐらいか知りたい時は、事前に知ることもできます。

 

気になる費用の目安ですが、

売買購入価格の5%~8%ぐらい

の間です。

 

仮に、売買金額が1,000万円だとして
購入した場合には8%で80万円になります。

 

不動産購入で総額が知りたいと思った方は、
購入の目安として検討して頂けるといいと思います。

不動産の税金は、各年度によって
軽減措置がありますので、いろいろと調べると
お得に購入できることがあると思います。

土地の大きさや建物の築年数、
居住用か不動産投資用かなど、いろんな条件が
あります。

疑問に思うことや分からないことは
気軽にお尋ね頂けると調べることもできます。

ぜひ、参考にしてみてください。