アパート売却するときに気を付けること 税金はかかる?かからない?

アパート売却その他 お知らせ

香川県内、高松市内で、アパートを所有していて

売却を検討しているときに、気を付けることの

情報をまとめてみました。

 

 

アパートを売るときの気を付けること

アパートを売却するときには、売却金額を決める他にも
いろんな諸費用がかかってきます。

・登記費用

・仲介手数料

・税金

です。

 

登記費用は、司法書士様に依頼して所有権移転をするために
法務局に登記申請をしていただき、登記を完了させる費用です。

そして、仲介手数料とは、不動産仲介をする時の手数料で
金額は、3%+6万円の消費税と決まっております。
※売買金額が400万円以下は別途計算方法あり

最後ですが、売った時に税金がかかる場合がありますので
売却予定のときに打ち合わせをしておかないと
いざ、売った後に予想以上の税金がかかるなんてことの
ないようにしないといけません。

ここでご紹介するのは、売る側が個人の場合で
法人(会社)の場合は、法人税と住民税になるので別です。)

 

土地や建物を売った時の譲渡所得の税金計算方法

まず、売却予定の土地建物の所有期間が
5年未満か以上で税金がかかる率が変わります。

長期譲渡取得
5年以上・・・20%+復興特別所得税2.1%

短期譲渡所得
5年未満・・・39%+復興特別所得税2.1%

 

課税譲渡所得金額の計算式ですが

課税譲渡所得金額=譲渡価格-取得費-譲渡費用-特別控除

居住している住所の土地建物を売却するときには
3000万円の特別控除がありますが、アパートなど
事業用資産の場合には控除がありませんので、気を付けましょう。

→建物にかかる税金とは?