遺言の必要性について

その他 お知らせ

前回は、改正相続税制についてお話しいたしました。

今回は、相続のなかでも非常に関心が高いと思われます

 

遺言(「ゆいごん」もしくは「いごん」と読みます)について

エッセンスをご紹介いたします。

 

一般的に相続が発生したときの一番のお困りごとは、妻や子供たちの

間で争いやいさかい事がおきることです。

 

相続がきっかけで、いくら事前に相続税対策を実施して財産そのものを

たくさん残したとしても、財産をめぐっての争いが実際にはよくおきて

おります。

 

そこで一通の「遺言書」を作成することで相続人同士の争いを未然に

防ぐことができるのです。

 

「遺言書」さえあれば、故人の明確な意思表示ということで、残された

家族は多少の不満があっても認めざるをえない状況となり、家族間のいさかい

を生むケースは少なくなると思います。

 

「遺言書」の種類は①公正証書遺言②自筆証書遺言③秘密証書遺言がありますが

今回は、その内容については言及いたしません。

 

いずれにしましても、生きている限りにおいて、相続は全員に関係してくること

ですので、目をそらさず、真剣に向き合う必要があると思います。

illust383