住宅ローン金利のトリックを公開

その他 お知らせ

不動産購入の際には、ローンを利用する方が大半だと

思います。近年とくに、低金利時代になったこともあり

自己資金をある程度残して、借入を多くする方も増え

ています。

お金

 

 

 

 

 

そこで気になってくるのが、やはり金利になります。

各金融機関での、様々な「キャンペーン金利」が目を

引きます。期間限定で割安な金利を利用できるように

なっています。

例えば、「10年間0.68%!」のようなものです。住宅

ローンですが自動車ローンと変わらないか、更に安い

水準になっています。

 

安い金利なのですぐに申し込みたい!と思いがち

ですが、これにはトリックがあることが多々あります。

①優遇期間

②融資手数料

この2点を比較検討すると、実はそれほど得ではない

場合もあります。

 

金利は安くても、金利優遇期間が当初10年間と、全期間

とでは、まったく異なります。

融資手数料も、借入金額の2%(2000万円だと40万円)

と、一律7万円では30万円以上の差があります。

実際に0.68%と0.85%でシミュレーションをしてみると

条件によっては、200万円以上0.85%のほうが総返済額

が安くなるケースもあるのです。

 

資金計画の際は、金利の他に手数料や、金利優遇期間の

情報を踏まえ、返済期間と照らし合わせることが大切です。

 

グローバルセンター物件情報