「インスペクション」とは・・・・!

その他 お知らせ

最近、巷でよく耳にする言葉としまして、「インスペクション」

というものがあります。

具体的には、住宅に精通した建築士等が、第三者的及び専門家の

立場から、住宅の劣化状況、欠陥の有無等を確認し、場合によれ

ば、改修すべき箇所を指摘することです。

つまり、インスペクションを実施することで、住宅購入希望者が

より安心して取引できるようになります。

「消費者保護」の観点から、行政もこの状況に着目し、今回の

宅建業法の一部改正(平成28年5月27日成立)につながったと

いえます。

改正宅建業法の概要は、「媒介契約の締結時に建物状況調査

(いわゆるインスペクション)を実施する者の斡旋に関する

事項を記載した書面を依頼者へ交付すること」で、既存の建物

の取引における情報提供を充実させることが狙いです。

先進諸国(特にアメリカ)では、インスペクションが高い実施

率で行われています。

日本はアメリカに追随していくということからも、今後ますます

インスペクションへの関心は高まっていくものと思われます。

不動産の中古市場は、インスペクションをキッカケにいままでとは

違った局面を見せていくことでしょう。

売買情報