古いアパートを売却したいオーナー様 一棟売り専門にお任せ下さい

アパート修繕費その他 お知らせ

古くなったアパートをどうしようかと迷っている大家さんに

売却査定のご紹介です。

 

 

築年数が古くなったアパートは売却できる?

アパート売りたい

建ててから20年以上経っているアパートは
売れない?と思っている大家さんは意外と多いです。

売却相談をさせて頂くオーナー様は
多くがそう思っているようです。

確かに建物は古くなると安くなってしまうという
感覚はありますが、アパートや一棟マンションのような
家賃収入がある事業用不動産は、ちょっと違います。

それは、住んでいる入居者から毎月一定の家賃収入があるからです。

居住用の住宅は、自分がするために購入するので
当然家賃が入ることはありませんので、一般的には
年数が経過するごとに価格が安くなってしまいます。

アパートや一棟マンションも建物の築年数が古くなってくると
売却金額も確かに下がってくることには違いありません。

ただ、事業用資産を購入する方は、投資を目的としているので
家賃がどれぐらい入っているのかによって、買う金額を決めている
ことが多いのです。

つまり、分かりやすく言いますと、築年数が経った古いアパートでも
家賃収入が多ければ、いい金額で売れる可能性があるわけです。

古い事業用資産の査定をさせて頂くと、こんな価格で売れるの?と
驚く大家さんもいらっしゃいますが、実際に売れたときには
とても喜んでいらっしゃいます。

 

私どもグローバルセンターの売買営業課は、多くの投資家の購入者様より
物件の希望額などを聞いていますので、古くなった賃貸アパートも
売主様の希望の額で売れる可能性があります。

もし、古くなったアパートを売りたいとかいくらぐらいで売れるのか?
など、知りたい大家さんは、お気軽にお問い合わせ下さい。

もちろん、無料で査定は行ないますし
査定だけで、しばらくは所有する結果になってもいいです。

今現在の不動産価値を知りたい方は、お問い合わせ下さい。

→グローバルセンター 売買営業はこちら