売買契約における売買金額の土地と建物の金額の内訳方法

家その他 お知らせ

一般的に売買契約をするにあたり、

売買金額が2,000万円でしたら、2,000万円と表示しますが、

土地と建物がある場合には、どんな内訳になるのでしょう?

 

 

土地と建物の内訳の考え方

安全な売買取引

土地と建物の内訳の考え方ですが、建物は税金がかかり、
土地は非課税になりますので、建物の価格が高くなると課税業者は
その分、税金を多く支払うようになります。

 

居住用の建物を購入する時には、あまり聞きなれないかもしれませんが、
不動産一棟売りを購入する時には、かなり重要になります。

というのが、建物は減価償却といって毎年決まった経費に
できるシステムがありますが、建物の内訳が少なくなると
それだけ減価償却の費用も少なくなります。

経費計上するためには、建物価格が大きい方がいいのです。

 

ただ、明らかに建物が高いとかあれば
税務署が見て不自然になる場合もあるので
内訳する時は、理論武装する必要があります。

 

指標となるのが、固定資産税評価額です。

土地、建物とそれぞれあるので
その比率で計算することで、売買金額の内訳を
作ることができます。

 

次回は具体的に建物と土地の比率を計算する方法を
ご紹介したいと思います♪♪

→具体的に土地と建物の比率を計算する方法はこちら♪♪