投資用不動産購入の入り口

その他 お知らせ

昨今の不動産市場を取り巻く状況としましては、投資用不動産

の購入を考え始めた人が目立って増えてきました。

 

特に、一般のサラリーマンの方の関心は高く、現実に1棟物の

マンションを複数棟所有されることも珍しくなくなりました。

 

当然のことながら、彼らはもともとの資産家ではなく、購入資金を

金融機関からの融資で賄っているのが実状です。

 

では、資産の無いなかで、どのように金融機関からの融資を引っ張って

いるか?

 

まず注意すべきなのは、購入しようとしている不動産の価値

であります。

 

通常、金融機関はその不動産の価値を「積算評価」という

物差しで測ります。

 

つまり「積算評価」により融資額のひとつの指標を得ることが

できます。

 

では「積算評価」の算出方法を以下、ご説明いたします。

 

たとえば、以下の不動産を購入する場合の「積算評価」を

算出してみましょう!

土地面積:500㎡

前面路線価:96000円/㎡

建物概要:鉄筋コンクリート造4階建て

建物延面積:800㎡

築後10年経過

まず、土地の評価額は 前面道路の路線価×土地の㎡数 なので

 

96000円×500㎡=4800万円・・・・①

 

次に、建物の評価額は 建物延面積×再調達価格×(残存年数/法定耐用年数)

で求められます。

<再調達価格とは・・・>        <法定耐用年数とは・・・>

・木造 15万円            ・木造  22年

・軽量鉄骨造 13~15万円       ・軽量鉄骨造 19年

・重量鉄骨造 17万円         ・重量鉄骨造 34年

・鉄筋コンクリート造 20万円     ・鉄筋コンクリート造 47年

よって、今回に当てはめてみますと、

800㎡×20万円×(37年/47年)≒1億2600万円・・・・②

①+②  1億7400万円   となります。

当然のことながら、積算評価額=融資額とはならず、ほか

いろいろな要素も加味されます点ご注意ください。

当社でも収益物件を扱っていますので、こちらからご覧ください。

グローバルセンターHP⇒http://kagawafudousan.com/

03_granpa_granma_01