2018年不動産投資における市場はどうなの? 今起きている実情は⁉

その他 お知らせ

2018年度の不動産投資における市場はどうなるのでしょう?

2018年4月に入り、担当者が実感している

状況をお伝え致します。

 

 

2018年度の不動産投資における市場

2018年に入ってから、アパートや一棟マンションのローンが
通りにくくなっている気がします。

 

日銀

咋今、マイナス金利政策や相続税対策でアパートやマンションローンの
融資件数は伸びていましたが、融資の過熱が日銀から指摘されたニュースから
融資審査が以前よりも厳しくなってきたと思います。

実際に投資家様に聞く機会がありましたが
融資が通りにくくなって融資条件が厳しくなったと
感じている方が多いようです。

 

では、2018年度の不動産投資における市場としては
どうなるのでしょうか?

onigiri

 

これはあくまで予想ですが、融資条件が厳しくなってくると
高い価格で販売している不動産投資物件は売れなくなります。

その結果、売るのをやめて賃貸経営を続けるか
価格を下げて再販売に取り組むかのどちらかになります。

つまり、今までの売り手市場から、買い手市場に変わるのが
2018年度という予想になるわけです。

不動産投資

買い手市場になると、不動産投資でいう高利回りな物件が
多く出てきますので、買い手が物件を選ぶことができます。

2018年度が売り手市場から買い手市場に変わってくると
予想されるので、2019年以降はさらに買い手市場が強くなると思われます。

これは、あくまで担当者が感じた実感であり
経済情勢がそうなるということではありませんので
参考までにして頂くとありがたいです。