遺言書の作成

その他 お知らせ

前回は、遺言の必要性について、簡単に解説させて

いただきましたが、今回は遺言書を作成するのに際

して一般的に注意を要する内容と、遺言書を作成し

ておいた方がよいケースについてご説明いたします。

 

まず、注意しなければならない点は

①遺言書は二人以上で同一の証書にはできないこと

②作成日付を具体的に記すこと

例えば、「吉日」とか「初冬」は不可で、

〇〇年△△月××日ならOKです。

③遺言書の先後に注意すること

遺言書が複数存在する場合、遺言の内容が

抵触するときは、後の遺言書の内容が優先

され、前の遺言書は撤回されたもの

として扱われます。

 

次に、遺言書を作成しておく方が良いケースは、

既に親子間、兄弟姉妹間で争い事が起きている

場合です。

なぜなら遺言書があることで、遺産分割協議を

省略することができるからです。

 

また、昨今の高齢化社会に伴い、高齢者の人や

介護を受けている人も遺言書を作成していたほ

うが、後々の相続問題をさけることができます。

 

私たち一人一人が、相続の問題に切実に向き合

っていく時期がきていると思います。

 

th