中古住宅購入に関わる補助金制度について

その他 お知らせ

現在、行政の方では、持ち家取得政策ほか景気浮揚策

も絡め、積極的に制度改革をすすめております。

最近のトピックについて、以下ご説明申し上げます。

 

(一部記事抜粋)

国土交通省は、中古住宅を購入し、省エネや耐震改修

などのリフォーム工事を行った人に、最大で65万円

を補助する新たな制度を作り、2月にも申請の受付を始める

とのことです。

補助対象を40歳未満に絞り、子育て世帯など若年層の住宅

取得を後押しするそうです。

また、中古住宅やリフォーム市場を活性化させ、空き家の

増加に歯止めをかける狙いもあります。

対象となるのは、中古住宅を購入した40歳未満の人で、

専門家に建物の劣化状況などを検査してもらう「インスペ

クション(住宅診断)」を受けることなどが条件です。

住宅診断と省エネリフォームにかかる費用について最大で

50万円を補助し、耐震改修を行う場合はさらに15万円

が上乗せされます。

 

今後、行政の動きには注目し、利用できるものは利用していく

ことが肝要です。

不動産取得税