不動産売買契約における手付金とは

売買情報不動産売買契約 関係

不動産売買契約において

手付金(てつけきん)と呼ばれている

お金があります。

 

 

不動産売買契約における手付金とは

手付金(てつけきん)という言葉を聞いたことがある人が
多いかもしれませんが、不動産売買契約においても
手付金の受け渡しを売主様と買主様の間で行います。

不動産売買契約における手付金は、
売買契約と同時に支払いされます。

 

売主様と買主様の間で合意が前提になりますが、
通常は、売買金額の5%から15%ぐらいが相場です。

 

[icon image=”finger1-b”]例えば・・・

売買契約の成立金額が1,000万円の場合

手付金の50万円~150万円ぐらいになります。

 

bai01

 

あくまで売主様と買主様の合意になりますので
それぞれの意向や物件金額の額、地域によって
違いますので一概には言えない部分もあります。

 

手付金交付の趣旨を知らないと後日、トラブルになる場合があります。

売買契約における手付金は、売買代金の一部になりますので
先ほどの1,000万円で、手付金が100万円の場合には
900万円を物件の所有権移転登記の時に支払うことになります。

契約の途中で、何らかの事情があり、
やめることになった時は、売主側なら受け取った手付金の額の
倍額を買主に支払うことで契約を解除できます。

買主側からであれば、支払った手付金を放棄すれば
契約を解除できます。

このような文面を不動産売買契約書内では、専門用語でかかれているので
理解しずらいかもしれませんが、よく説明をしてもらい、分からないことがあれば
確認することが大切です。

以上が、簡単ではありますが
不動産売買契約における手付金の説明です。

ぜひ、参考にしてください。