土地の取得費が分からないときどうする? 概算取得費を計算してみる

土地の取得費が分からないときってどうするのでしょうか?

そんな情報をまとめてみました!

 

 

土地の取得費が不明な場合とは?

土地を相続や昔から所有していると、購入した時の価格が
分からないことって多いです。

当初、購入したときの契約書や領収書がないときには
取得費が不明となります。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

取得費がわからないときは、売買代金の5%を取得費として
算入できることになっています。

土地 売却

つまり、取得費が不明なときでも
取得費を5%として計算することができるという訳です。

 

具体的な取得費の計算方法

では、具体的な取得費の計算方法を見てみましょう。

1,000万円で土地を売却したとき

取得費が不明な場合には、

1,000万円×5%=50万円

よって、取得費は50万円になります。

アパート売却

 

取得費がわかるときは、概算の5%は使わずに
実際の取得費を使います。

土地の取得費がわかる場合に
相続した後でもその取得費は引き継げますので
取得費として算入できます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

アパート売却するときに気を付けること 税金はかかる?かからない?

アパート売却

香川県内、高松市内で、アパートを所有していて

売却を検討しているときに、気を付けることの

情報をまとめてみました。

 

 

「アパート売却するときに気を付けること 税金はかかる?かからない?」の続きを読む…