「電力自由化」について

その他 お知らせ

これまでは、一般家庭や商店などが電気を使う場合、

その地域を管轄する電力会社(ここ高松では四国電

力が該当)を選択するしか方法がありませんでした。

 

しかし、2016年4月1日以降は、すべての消費者が電

力会社を自由に選べるようになります。

いわゆる「電力の小売全面自由化」です。

この自由化に伴い、現在100社超が電力の小売り事業

に参入しております。(卑近な例で言いますと携帯大

手のauが盛んにPRしております。)

我々消費者サイドのメリットは、多彩なサービスや

様々な料金メニューから選択できるようになることです。

具体的には、各家庭のライフスタイルに合った、より割

安な料金を選択することが可能となり、契約内容や電力

の使用量などに応じた、料金の割引やポイント還元が受

けられるようになります。

これまで、規制緩和による様々な自由化がなされました

が、総じて料金面では、下がる傾向が多かったように思

われますが、将来的なスパンで検討しないと、結果高く

ついたということにもなりかねません。

われわれ消費者が厳しい目を持つことがいつの時代も

肝要です。

空き家問題