日銀による「マイナス金利政策」について

その他 お知らせ

先日(2016年1月29日)、日本銀行から追加の金融政策として、日本では、

史上初となります「マイナス金利」を2016年2月16日より導入すると発表

されました。

 

耳慣れない言葉ではありますが、要約しますと、これは、日本銀行と

民間銀行との取引においてマイナス金利を一定規模の金額以上で適用

するものであり、個人が銀行に預けている預金金利がマイナスになること

ではありません。

 

通常、民間の銀行が日本銀行にお金を預けると利子がつき、少しづつ

でもお金は増えていきますが、「マイナス金利」となると、民間銀行

は、日本銀行にお金を預ければ預けるほどお金を払うことになり、損を

することになります。

 

民間銀行は、当然のごとく損はしたくないので、日本銀行からお金を

引き上げて、その分民間企業にお金を貸し出すようになり、結果、市場

にお金が流通して景気が良くなり、ひいては、個人消費の後押しをして

デフレ脱却につながるという構想です。

 

しかし、メリットがあればデメリットも当然あり、具体的には、輸入食品

の値上がりや、預金金利の低下、民間銀行の体力低下による中小企業への

融資の抑制などの可能性があることも否めません。

 

われわれは、この状況を注視していく必要があると思います。

 

空き家問題