空き家を売ったときの税金を安くする方法とは?

その他 お知らせ

空き家を売却するときに税金が安くなる制度があるのを

ご存知ですか?

 

空き家の3,000万円特別控除とは?

空き家を売却したときに3,000万円の特別控除があるのを
ご存知ですか?

アパート修繕費

 

分かりやすく言いますと、空き家を売却した時に
3,000万円までだと、譲渡所得税がかからなくなると
いうことです。

つまり、2,000万円で空き家を売っても税金が免除されますので
売却にかかる諸費用だけ支払えば税金がかからなくなります。

この特例がない場合には、空き家を売ると
2,000万円×20%=400万円かかることになりますので
かなり違いますよね。

 

 

気になる空き家の3,000万円の特別控除の要件

①被相続人が亡くなる直前まで1人で住んでいた家屋であること

②家屋が相続時から取壊し時まで事業・居住・貸付(以下
事業等の用に供されていないこと。

③敷地が相続時から譲渡時まで事業等の用に供されていないこと。

④敷地が取壊し時から譲渡時まで建物または構造物の用に供されていないこと。

以上の要件をすべて満たしている必要があります。

 

空き家の所在する市区町村から被相続人居住用家屋等確認書の交付を受け
必要書類を添付して税務署へ確定申告する必要があります。

詳細は、国税庁のホームページに書いていますので
ご覧頂ければと思います。

空き家の特別控除について