綾川町 事業用地の情報

綾川町畑田にあります、事業用地の情報です。

%e7%b6%be%e5%b7%9d%e7%94%ba%e6%a1%88%e5%86%85%e5%9b%b3

 

 

 

 

 

 

 

ことでん琴平線から、南に下った郊外に位置します。

「挿頭丘駅」からは、徒歩14分になります。

全面道路は約8mあり、事業用地としては好条件の

土地です。

img_8236

 

 

 

 

 

■ ■ ■ ■ 物件概要 ■ ■ ■ ■

価格 2,200万円(坪単価 約4.5万円)

所在地 綾川町畑田1886-4他

地目 田(一部宅地)

面積 1,619.08㎡(約489坪)

道路 東側、公道、幅員8.1m

%e7%b6%be%e6%ad%8c%e9%83%a1%e7%b6%be%e5%b7%9d%e7%94%ba%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e6%a6%82%e7%95%a5%e5%9b%b3

 

 

 

 

 

 

これまでは賃貸の資材置場として利用されてきました。

現在は工作物はなく更地になっていますので、その

ままの状態で利用することができます。

img_8226

 

 

 

 

 

事業用地といいますと、面積や近隣関係などで条件

が合わなかったり、物件自体が少なく苦労している

との話をよく耳にします。

img_8233

 

 

 

 

 

今回の土地は、価格、面積、環境ともにお勧めできる

物件になります。資材置場の他に、小規模作業所や

営業拠点などにも活用できます。

資料請求や、現地見学はお気軽にお問合せください。

 

詳しい情報はこちらです。

バリアフリーにするときのポイント一例

昨今、バリアフリーへの関心が高まり、バリアフリーリフォーム

という言葉も頻繁に聞くようになりました。

因みに、バリアフリーのリフォームには、事故やケガを未然に

防ぐための「安全性」と、快適に暮らすための「利便性」という

2つのポイントがあります。

「安全性」の観点からは、廊下や階段への手すりの設置、

「利便性」の観点からは、移動や開閉をしやすくするための

引き戸の設置や、水回りの改装などがあります。

 

では、具体的に見ていきましょう!

手すりの設置・・・廊下や階段に設置いたしますが、横幅が

狭くなるため、将来、車いすを使うようになった時に問題

がないか、よく検証する必要があります。

段差の解消・・・部屋と部屋の間の段差にスロープを取り付けます。

また、段差が極端にある場合は、ステップを設置

します。

水回りの改装・・・キッチンや洗面台は椅子に座ったままでも使える

高さにする必要もあります。また、手すりはつける

ことをお勧めいたします。

 

以上は、1例でほかにもあるかと存じますが、将来を見据えた計画を

お立てすることが大切です。

illust383

 

 

高松市林町 中古分譲マンション の情報

高松市林町にあります中古分譲マンションの情報です。

img_3254

 

 

 

 

 

 

■ ■ ■ ■ 物件概要 ■ ■ ■ ■

・名称 サントノーレ高松中央弐番館 4F

・所在地 高松市林町1560-1、他

・構造 鉄筋コンクリート造 11階建

・総戸数 151戸

・間取 2LDK

・専有面積 70.11㎡(21.20坪)

・建築年 平成18年(築10年)

・販売価格 980万円

dsc00364

 

 

 

 

 

高松中央インターチェンジ近くの、11号線東バイパスの

南側になります。自動車道を利用した休日のお出かけ

にはとても便利です。

幼稚園や、小学校が近くにあり子育てには良い環境

といえます。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%ac%e9%96%93%e5%8f%96

 

 

 

 

 

 

 

(プランは現状と異なる場合、現状を優先いたします)

築年数は10年間使用した、経年変化はありますが、

大きな不具合はなく居住できます。住設関係も継続

して使用できます。

室内の様子はハウスクリーニングが完了しましたら、

アップする予定です。

dsc00366

 

 

 

 

 

大きなリフォームなしで、引越しができるこの年代の

中古分譲マンションは、現在も多く取引されています。

ご見学の予約は、早い時期にご連絡をお願いします。

 

グローバルセンター 売買営業課

電話 087-867-0011

分譲マンションについての日頃の疑問点について

最近、マンションリフォームが増えてきていますが、リフォーム

できる箇所は意外と限られています。

 

実際には、マンションの管理規約等の定めに従うことになりますが、

住居内の「専有部分」と「共用部分」をしっかりと理解することが

大切です。

 

では、具体的に「専有部分」と「共有部分」の違いは何かという

と<所有権>があるかないかの違いです。

間違いやすいのが、バルコニー、屋上テラス、専用庭、玄関扉

窓、サッシなどは、共用部分になるため、勝手に造作を変更

することはできません。また隣家や上下階と接する壁、床、天井

も共用部分になるため、同様に勝手に造作を変更することはできま

せん。

 

十分に留意しリフォームを検討される際には、管理組合との打ち

合わせを密にされることをお勧めいたします。

 

次に、管理費とは何?という疑問を持っておられる方も多いと

思いますが、管理費の主な使い道は以下のとおりです。

1.エレベーターの保守点検管理

2.廊下・エントランスなどの清掃

3.共用部分の簡単な補修

4.共用部分の水道代・電気代

5.管理人・コンシェルジュの人件費

6.消防設備点検

・・・・

これからも皆様の身近な疑問にお答えいたしますので

よろしくお願いします。

空き家問題