遺言の必要性について

前回は、改正相続税制についてお話しいたしました。

今回は、相続のなかでも非常に関心が高いと思われます

 

遺言(「ゆいごん」もしくは「いごん」と読みます)について

エッセンスをご紹介いたします。

 

一般的に相続が発生したときの一番のお困りごとは、妻や子供たちの

間で争いやいさかい事がおきることです。

 

相続がきっかけで、いくら事前に相続税対策を実施して財産そのものを

たくさん残したとしても、財産をめぐっての争いが実際にはよくおきて

おります。

 

そこで一通の「遺言書」を作成することで相続人同士の争いを未然に

防ぐことができるのです。

 

「遺言書」さえあれば、故人の明確な意思表示ということで、残された

家族は多少の不満があっても認めざるをえない状況となり、家族間のいさかい

を生むケースは少なくなると思います。

 

「遺言書」の種類は①公正証書遺言②自筆証書遺言③秘密証書遺言がありますが

今回は、その内容については言及いたしません。

 

いずれにしましても、生きている限りにおいて、相続は全員に関係してくること

ですので、目をそらさず、真剣に向き合う必要があると思います。

illust383

 

 

さぬき市の土地情報

さぬき市の新着土地情報です。

 

 

概要は、

価格 460万円

所在地 さぬき市志度

地目 宅地

面積 144.14㎡(43.60坪)

志度土地①

大型分譲団地内ではなく、昔の風情が残る旧道沿いに

なります。

 

 

南道路で、幅員は約5.8mあり、通行量は少な目です。

(平行する国道11号線がメイン通りになります)

ことでん原駅まで、徒歩4分の距離で、近くには地元で

有名な、牡蠣焼き屋さんや、魚屋さんもあり新鮮な

海の幸を手軽に楽しめます。

志度土地②

坪数も43坪あり、新築の住宅用地としては最適な

物件になります。

南側の間口は8m以上ありますので、車を2台並列で

置いて、アプローチも無理なく設計することが可能です。

建物は一般的な4LDKや5LDKの2階建て住宅を、

無理なく配置することができます。

 

 

2階の北側の窓から、瀬戸内海を望むプランもできます。

注文住宅用地にご検討いただければ幸いです。

 

 

 

改正相続税制について

皆さま、ご存じのとおり、平成27年1月に改正相続税制

が本格的に開始いたしました。

 

大きくは基礎控除額が4割カットされることが盛り込まれ

ています。

 

具体的には、2014年までに相続が開始した場合(例:法定

相続人が3人<妻・息子1人・娘1人>の場合)、遺産額

8000万まで相続税がかかりませんが、改正後は4800万ま

で下がってきます。

 

いうなれば、相続税を納付しなければならないひとが増える

といえます。

過去には、相続税がかかる人の割合は被相続人(俗に亡くな

った人)の4%程度といわれていましたが、今回の改正で

6~7%に増えることが予想されます。

 

今後、相続はますます私たちにとって身近な問題としてのしか

かってくることでしょう!

 

それと相まって、相続税のかかる人、かからない人に関わらず、

どのように財産を受け継いでいけるのか?相続が「争続」になら

ないようにするにはどうすればよいのか?が今を生きている人に

とって非常に大きい関心ごととなっています。

 

まず解決策の第一歩は「遺言」です。

 

弊社でも、相続についてのご相談は、受け付けております。

(もちろん秘密厳守をお約束いたします。)・・・

 

次回は、遺言について、わかりやすく解説させていただきます。

thOUE5JZXJ

 

 

オーナーチェンジ物件 ダイアパレス中央町303号室と管理費・修繕費について

こんにちは :-)

グローバルセンター売買営業課です。

先日受託しましたマンション「ダイアパレス中央町303号室 190万円」

ご紹介させて頂きます!

DP中央町303間取ダイアパレス中央町 外観

「オーナーチェンジ物件 ダイアパレス中央町303号室と管理費・修繕費について」の続きを読む…