土地を売る際に売主が気をつけることってある?

土地を売るときに、売主様が気をつけることってある?

そんな疑問にお答えいたします!

 

 

土地を売るときに売主様が気をつけること

売主 悩み

 

不動産の売買でトラブルになったということを聞いたりすると
売るときに不安や心配がついてまわります。

土地を売るときに売主様が気をつけることですが、

・隣地との境界が分かっていること

・告知事項など、不動産について把握しておく

この2つが重要なことです。

 

隣地との境界が分からないと、買主様へ売り渡したあとで
トラブルになる可能性が高くなります。

どういうことかといいますと、境界が分からずにいると
隣地の人がここが境界と認識していても、こちらが違ったところが
境界だということになれば、確実にもめます。

お互いの認識が同じ場所というのが、本来の境界になりますので
売主様が境界が分からないということなら、土地家屋調査士による
境界確定依頼をする必要があります。

 

もう一つが、告知事項です。

この告知事項とは何か?

告知書

 

例えば、そこの不動産内で、事故や自殺などが過去にあれば
伝える必要がありますし、近隣とのトラブルや自治会など

次に住む人や使う人が、買う前に言ってほしかったという内容を
伝えていなければ、後からトラブルになってしまいます。

相続などで、まったく分からないということでしたら、
その旨を書面で伝えておくなど、言った言わないを防ぐ必要があります。

 

売主様が土地を売るときに気をつけること、
他にもありますが、

境界と告知事項

この2つは、特に注意しておきましょう。

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください