古いアパートを売るためのコツ 香川県の物件ならお任せ下さい

オーナー様からよく質問があります。

古くてボロボロのアパートだけど、売れる?

そんなアパートを売ることはできるのでしょうか?

 

 

古いアパートでも売れるの?

古いアパート

グローバルセンターにオーナー様からお問合せ頂くことで
古いアパートでも売れるの?

そんな相談を受けることがあります。

そのときに、説明させて頂くのが

古いアパートでも売れます!

とお伝えしています。

 

そこで、古いアパートというのも人それぞれ違いますので、

一応、参考までとして、下記に建物の耐用年数を記載しました。

 

木造・・・・・・耐用年数20年~22年

鉄骨造・・・・・耐用年数19年~34年

鉄筋コンクリート造・・・耐用年数47年

 

この耐用年数表をみて、古いかどうかを確認ください。

例えば、木造でしたら、22年経過していると古いと言えます。

 

ただ、一概に言えないことは

最近の住宅は、基礎もしっかりとコンクリートで固めていますし
耐震基準も高いので、昔の住宅と比べるとしっかりしていると言えますので
22年経過していても、まだまだ使える住宅は実際に多いです。

ですので、22年経過している木造の古いアパートだと売れないなんてことは
ないと思いますので、お気軽に無料の査定を受けてみることをおススメします。

 

また、半分以上の空室があるとか、空室部屋のリフォームが出来ていないとか
そんな状態のままでもアパートなら売りやすいと言えます。

アパートを購入予定の投資家は、どれぐらいの投資効果があるのかで
物件を購入するしないを判断するので、投資効果があるときは
古いアパートでも売れる機会は必ずありますので。

もちろん、鉄筋コンクリートや鉄骨造りのアパートの方が
耐用年数も長いので、より古くても買ってくれやすくなるのは
いうまでもありません。

但し、気を付けておくのは、現在までの建物の維持管理を
どのぐらいしているかによって、価格も違いますので
アパートの維持管理には、日頃から気を使っていきましょう。

アパートの無料査定を受けたいオーナー様は、
下記をクリックして詳細をご確認ください。

→古いアパートの無料査定はこちら

 

 

中古住宅購入をお考えの方へ

昨今の低金利時代を反映し、住宅購入をお考えの人が増えてまいりました。

殊に中古住宅をお探しのかたが、弊社へご来店いただいたり、また電話・メール

でお問合せをいただくことが多くなりました。

皆様、一様に物件価格のほかにどのような費用が必要なのかを心配されています。

今回は、具体的事例に基づいて諸費用がどれぐらいかかるのか見てまいりましょう。

<事例>

中古住宅 築15年

木造2階建 35坪

物件価格:1500万円

借入金額:1000万円

H29年度固定資産税評価額:土地300万円 建物500万円

購入後すぐ入居

<購入費用内訳>

1.売買価格:15,000,000円

2.諸費用:①印紙代 10,000円

(売買契約書に貼付)

②仲介手数料 550,800円

(1500万円×3%+6万円)+消費税

③登記費用  170,000円   ※参考金額

(抵当権設定登記費用含む)

3.その他費用

①不動産取得税 240,000円     ※参考金額

(引き渡し後3か月~半年後)

購入総合計    15,970,800円

上記事例は、あくまでも参考金額でございます。

実際には、ほか、固定資産税は、日割り額が必要となりますし、

銀行借り入れでは、ローン保証料及び火災保険料も必要となります。

あくまで目安としては、諸費用を売買金額の10%程度は見ておかれることを

おすすめします。

中古住宅ご購入をお考えの方はお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

http://www.global-center.co.jp/contactus/sougou?b_id=4

修繕した住宅

 

建物は建物建築価格表をもとに査定するのをご存知ですか?

建物の査定方法をご存知ですか?

築年数によって、査定額が変わるのはなんとなく分かりますが

実際にはどうやっているの?

本日は、そんな疑問にお答えします!

 

 

「建物は建物建築価格表をもとに査定するのをご存知ですか?」の続きを読む…

高松市内の農地や宅地の売却ならグローバルセンターに アパート新築用地として

高松市内で農地や宅地を売却したい地主様がいらっしゃれば

お気軽にグローバルセンターへ無料査定をお願いします。

 

 

「高松市内の農地や宅地の売却ならグローバルセンターに アパート新築用地として」の続きを読む…