成約御礼♪中古マンション【ファミール松島町】

こんにちは :-)

この度、中古マンションのファミール松島町が

ご成約となりました!!

SN381740ファミール松島地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内中心エリアのマンションで平成7年築の物件、

建物状態が良好でしっかり修繕されているマンションです。

お部屋も美装済で綺麗な状態でしたので、弊社も

自信を持ってオススメできました。

ここ最近は、中古マンションが多くご成約となっております。

築年数が経過していても、管理会社がしっかりとマンションを修繕している

ケースが多く状態の良い物件だと早期売却につながっています!

また、賃貸と同時募集でもご売却の活動は可能です!

マンションのご売却をご検討の際は、どうぞお気軽にご相談ください(^◇^)

㈱グローバルセンターHPはこちら

高松市中心部 塩屋町 事業用地の情報

高松市の中心部、塩屋町にあります事業用地の情報です。

 

ことでん「瓦町駅」から、徒歩4分の立地です。

周辺は商業施設が多く、国道11号線「塩屋町交差点」

南側の好立地がポイントです。

地元パンで有名な?「マルキンパン」さんの隣にある

更地になります。

塩屋町案内図

 

 

 

 

 

 

 

物件概要

■販売価格     2,700万円

■所在地      高松市塩屋町8-5

■面積        195.59㎡(59.16坪)

■地目   宅地   ■現状   駐車場

■用途地域     商業地域

■建ぺい率 80%  ■容積率 300%

 

この立地を活かした営業拠点などの事務所は

もちろん、商業ビルの建築地としても利用できます。

IMG_4016

 

 

 

 

 

高松市の中でも、中心部の商業用地は常に品薄な状態

です。便利な場所に、営業所の移転をお考えの方、

新規に商業ビルの建築をお考えの方は、お気軽に

お問合せをお願いいたします。

 

グローバルセンター 物件情報

 

日銀による「マイナス金利政策」について

先日(2016年1月29日)、日本銀行から追加の金融政策として、日本では、

史上初となります「マイナス金利」を2016年2月16日より導入すると発表

されました。

 

耳慣れない言葉ではありますが、要約しますと、これは、日本銀行と

民間銀行との取引においてマイナス金利を一定規模の金額以上で適用

するものであり、個人が銀行に預けている預金金利がマイナスになること

ではありません。

 

通常、民間の銀行が日本銀行にお金を預けると利子がつき、少しづつ

でもお金は増えていきますが、「マイナス金利」となると、民間銀行

は、日本銀行にお金を預ければ預けるほどお金を払うことになり、損を

することになります。

 

民間銀行は、当然のごとく損はしたくないので、日本銀行からお金を

引き上げて、その分民間企業にお金を貸し出すようになり、結果、市場

にお金が流通して景気が良くなり、ひいては、個人消費の後押しをして

デフレ脱却につながるという構想です。

 

しかし、メリットがあればデメリットも当然あり、具体的には、輸入食品

の値上がりや、預金金利の低下、民間銀行の体力低下による中小企業への

融資の抑制などの可能性があることも否めません。

 

われわれは、この状況を注視していく必要があると思います。

 

空き家問題

 

 

意外と盲点!?建築の際、隣地との距離!!

こんにちは :-)

今回は、ご来店されましたお客様で「隣地距離」について

ご相談がありましたのでお話しさせて頂きます。

そのお客様は狭小地で土地を購入されており、これからマイホームを

建築予定でしたが、マイホームの建築にあたり隣地距離について

家が建てられない問題があるので売却も視野に入れてのご相談でした。

 

まず、家が建てられない事態についてどういうことでしょう。

民法上の法規では「隣地境界から建物距離」は50㎝以上離すようにとあります。

更に、その規定を守らない場合、隣地所有者はその建築を中止又は変更させる

ことが出来、建築に着手した時から1年を経過又はその建物が完成した後は、

損害賠償の請求のみをすることが出来ます。

※民法236条の規定では「周辺地域に異なる慣習がある場合にはそれに従う」と

なっており、周辺の隣地境界から建物の距離が50㎝未満であれば50㎝以下でも

良いともあります。

また、建築基準上では「隣地境界から建物距離」の規定はありませんが、

第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域内で条例や地区計画などが

ある場合はそれを守らなくてはいけません。

 

この問題は事前に隣地所有者の元へご挨拶へ伺い、合意書や承諾書を頂ければ

大丈夫ですが今回のお客様はこのことを知らず購入してしまったようでした。

最終的には、隣地住人の【承諾書】が取得出来ましたので解決しましたが、

土地を購入し建築をご検討される際は皆さんも気を付けて下さいね!!

 

市内密集地などに多い狭小地では、隣地境界からの建物距離が

50㎝未満になってしまうケースがあります。

その場合は、土地購入前に必ず隣地所有者にご挨拶に伺い、

合意書等を取得するようにしましょう。

隣地所有者のご了解が得られたなら50㎝未満でも問題はありませんが、

「隣地境界から建物の距離は50㎝以上を確保する」が最善です。

≪近接承諾書サンプル≫

近接承諾書 例

 

 

 

 

 

 

 

㈱グローバルセンターHP:http://www.global-center.co.jp/