バリアフリーのリフォームに関する補助金制度について

高齢化社会と言われて久しい昨今、バリアフリーという言葉が

よく使われています。

住宅・不動産業界もバリアフリー住宅・バリアフリーリフォー

ムという言葉が溢れています。

表題にありますように、バリアフリーリフォームには、

国の補助制度があります。

 

具体的には、「高齢者住宅改修費用助成制度」

と呼ばれています。

対象となる工事項目は、「手すりの取り付け」

「床段差の解消」「滑りの防止および移動を円

滑化するための床材の変更」などが

あります。

 

介護保険より、工事費20万円を上限にその費用の

9割が支給される制度です。

概要は以下のとおりです。

 

受給対象者  ・要介護認定で「要支援・要介護」

と認定されている人

・改修する住宅の住所が被保険者証

の住所と同一で、本人

が実際に居住していること

助成額    ・工事費用の9割工事費用の限度額20万

 

申請窓口   ・各市町村の介護保険担当課

 

尚、多くの自治体では、この補助制度以外も独自の補助・支援制度

が用意されております。

利用できる制度は十分に活用されることをお薦めいたします。

 

03_granpa_granma_01

 

 

寺井町 土地70坪以上 400万円以下の中古戸建住宅の情報

高松市寺井町の中古戸建住宅の情報です。

高松市南部に位置し、市街地まで程よい距離

で通勤も快適です。

IMG_3994

 

 

 

 

物件概要

■販売価格 390万円

■敷地面積 244.23㎡(73.87坪)

■建物面積 68.39㎡(20.68坪)

■間取り   3LDK

■築年月   昭和48年11月

 

敷地面積は、70坪以上あり駐車スペースは十分で

3台駐車が可能です。空いたスペースでの趣味の

家庭菜園も楽しむことができます。

 

建物は、設備機器のリフォームを行えば継続して

使用することができます。もちろん、そのまま居住

することも可能です。

IMG_3982

 

 

 

 

 

一般的な分譲地では少ない土地の面積ですので、建物

を解体して新築用地としての計画もいかがでしょうか。

南と、西に道路がある角地になりますので、間取りの

自由度も高い敷地といえます。

(建替えの際には、道路のセットバックが必要になりますので

詳しくはお問合せください)

IMG_3999

 

 

 

 

 

高松市内で400万円以下の、住宅や土地をお探しの

方はお気軽に、ご連絡をお願いします。

 

グローバルセンター 物件情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産の売却ならグローバルセンターにお任せ下さい。

こんにちは :-)

弊社、㈱グローバルセンターでは、

売却査定は3つのコースがあり、以下の内容となります。

求むチラシ売却コース

①売却依頼コースとは、、、

通常の売却査定を行い、販売活動を実施致します。

②買取りコースとは、、、

弊社が不動産を現金購入致します。

お住み替えや、早期現金化を希望されるお客様にオススメです。

③リフォーム売却コースとは、、、

築年数の経過した不動産をリフォームし付加価値をつけ売却のお手伝いを

致します。同エリア内に売買物件が多数あり、競合している場合や、

早期売却成立を望まれるお客様にオススメです。

以上①~③については、無料・秘密厳守で対応させて頂きます!!

「すぐではないけど、いつか売るかもしれないから価格を知りたい」

「買取りの場合はいくら」など大歓迎です!

現在、多くの売却物件を募集しております!

どうぞお気軽にご相談ください!!(^_^)v

 

http://www.kagawafudousan.com/

「広大地評価」について

先日、年始にあたり、ある会合で、不動産鑑定士の先生より

表題についての講演会がございました。

 

そのエッセンスについて下記にて一部ご紹介いたします。

 

まず、広大地評価とは、相続発生時に「広大地」という

カテゴリーに該当すれば「広大地評価」を税務上しなさい!

というものです。

尚、「広大地」に該当すれば、通常の評価より40%(MAX

65%)の減価があります。

これは、かなり大きい減価で、その影響は、広大地評価を

行わなかった税理士が、損害賠償請求を起こされたという

事例もあるぐらいです。

 

現実問題として、「広大地」に該当するかどうかは、絶対的なもの

ではなく、

<大規模工場用地か否か>

↓NO

<マンション用地か否か>

↓NO

<地域の標準的地積と比較して著しく大きいか否か>

↓YES

<公共用地の負担(地内の道路)が必要か否か>

↓YES

 「広大地」

という流れなので、恣意的な部分が多いといえるのです。

 

相続税の負担という問題に直面したとき、一度「広大地」かどうか

について、ぜひご相談してみてください。

お待ちいたしております。

 

不動産取得税