取引事例比較法とは 不動産を売る前の査定方法の1つです♪

不動産の売却査定をする時に取引事例比較して価格を算出する方法があります。

そんな情報をまとめてみました♪♪

 

 

取引事例比較法とは

取引事例比較法とは?

取引事例比較法とは、近隣の取引事例を基にして
対象不動産の査定価格を算出する方法です。

具体的には、対象不動産と条件が近い物件の取引事例を収集して
対象不動産に当てはめて、時点修正や補正し、価格を算出する方法です。

 

早く言えば、

近隣でこのぐらいの坪単価で売れたのだから
あなたの不動産はこのぐらいの価格で売れる可能性があります。

という査定の算出方法という訳です。

 

査定不動産の近くに販売事例や成約事例が少ないと
地域を変えて比較しないといけなくなるので、査定価格の信ぴょう性が
少し落ちるかもしれません。

ただ、不動産会社には多くの販売事例や成約事例を情報として
持っているので、取引事例比較法で査定すると相場の価格が分かります。

 

例えば、分譲マンションの場合には、

部屋の広さと間取り、階数、販売価格、成約価格をデータとして

もっていれば、他の部屋の階が売りに出たら高いか安いかが
一目で分かりますので、販売価格としての信ぴょう性は高くなります。

ぜひ、参考にしてみてください♪

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください