不動産投資家への道 投資用の分譲マンションは初心者が取り組み安い

不動産投資を始めようと考えている方に

情報をお届けいたします!

 

 

不動産投資を始めるときの物件選定方法

不動産投資を始めるときに悩みどころなのが
物件の選定方法です。

アパート建築

 

アパートみたいな集合住宅にするか
分譲マンションの1戸を購入して賃貸に出すか。

投資額に対してのリターンで考えると
アパートや一棟マンションの集合住宅だと
部屋数が多いので高いリターンがあります。

しかし、その分、様々なリスクも考えておく必要があります。

入居者が退去した時のリフォーム費用や建物の修繕費
月や年でのメンテナンス費用などがかかりますので
収入と支出をしっかりと計算する必要があります。

しかも、アパートや一棟マンションは、高額物件が多いので
2,000万円以上、1億を超える物件も実際に数多くあります。

 

いきなり、不動産投資を初めて、5,000万円を借金するのは
抵抗がないというのは嘘になってしまいますので
やはり、不動産投資の練習という意味で少額物件にと
思う方が多いのも事実であります。

そんな方にオススメなのが、分譲マンションの1戸を購入して
賃貸に出す方法です。

通常、分譲マンションは、自宅用として購入する方が多いのですが
分譲マンション投資を行っている投資家様もいます。

例えば、最初は自分が住むために購入したけど
会社の転勤で県外へ出てしまうために、売らずに賃貸として
貸しているような例もあります。

 

分譲マンションだと1戸になるので
アパートや一棟マンションに比べると少額で購入できるため
不動産投資における様々なリスクも集合住宅と比べて減ります。

分譲マンションは、間取りが単身用の1Kから
ファミリー用の2LDK、3LDK、4LDKと幅広くあります。

当然、単身用が価格が安く、ファミリー用だと単身用と比べると
高くなります。

また、築年数や室内のリフォーム内容によって
価格も違ってきます。

初めて不動産投資をやりたいと感じている方は
分譲マンション1戸からの投資で練習したあとで
アパート経営という計画がいいと思います。

 

まとめてみると・・・

・リスク

アパートや一棟マンション > 分譲マンション1戸

・リターン

アパートや一棟マンション > 分譲マンション1戸

です。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください