アパートやマンションを高く売る方法

アパートや一棟マンションを高く売りたいと思うのは

オーナーなら当たり前だと思います。

今日は、アパートやマンションを高く売る方法についての情報です。

 

 

アパートやマンションを高く売るコツ

アパートやマンションを高く売るコツとして

・家賃を出来るだけ下げない

・修繕はこまめにして記録する

ws000113

 

 

家賃を下げると毎月の収入が減ります。

これは当然の結果となりますが、アパートやマンションは
普通の土地や住宅と違い、家賃が毎月入っていますので
家賃が下がれば、査定価格も下がり、売値も下がる結果となります。

だからと言って、家賃を下げずに空室ばかりが増えていっても
毎月の収入が減り、売値も下がる結果となります。

つまり、適切な家賃で入居してもらうことが大切なのです。

 

修繕はこまめにして、記録を取る。

例えば、築10年経過したアパートで、退去者が出たときに
バルコニーの防水を塗り直すとか、駐車場の線引きをやり直すなど
建物や付帯に関しての修繕を行い、入居者が住みやすい環境を提供することです。

他にも外壁塗装や手すり塗装、屋根の防水なども
定期的な修繕項目になりますので、記録しておきましょう。

建物の維持管理がしっかりしておけば、投資家からも
安心して購入する検討が出来るというわけです。

家賃を出来るだけ下げずに、修繕をしっかりと行う。

アパートやマンションを高く売るコツの一つと言えます。

ぜひ、参考にして下さい。

 

 

 

コメントを残す