投資用物件における借り入れ返済期間の目安

投資用物件を購入する際には、銀行から借り入れをする方が

ほとんどだと思います。

その時に打ち合わせ必要なのが借り入れ期間や金利などです。

 

投資用物件を購入する際の借り入れ期間の目安

借り入れ期間は、長ければ長いほどキャッシュフローがよくなります。

中古住宅 買取

 

つまり、毎月の家賃収入から銀行に支払う金額が少なくなるので
手元に現金が残るというわけです。

でも、実際には長い期間の融資をしてくれることは
基本的には少ないです。

それは、建物の耐用年数を目安に融資期間が決まっているからです。

 

建物の耐用年数とは、税法で建物の寿命を定めているルールです。

例えば

木造でしたら耐用年数は、20年から22年

鉄骨造でしたら、19年から34年

鉄筋コンクリートは、47年

になります。

 

つまり、構造によって借り入れできる期間が全く違ってくるわけです。

ということは、中古の収益物件を購入するなら
木造より、鉄骨や鉄筋コンクリート造のほうが
融資期間が長くなるということです。

キャッシュフロー(現金収入)を高くするなら
鉄筋コンクリート造で融資期間を長くすることをおススメします。

また、借り入れ期間の目安ですが、
10年から25年ぐらいの間が多いのではないかと思います。

これは、融資を受ける金融機関によって大きく変わってくるので
確認すると教えていただけると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

コメントを残す