住んでいる家を売却したときの税金はかかる? 3000万円の特別控除とは?

今住んでいる家を売却したときに税金はかかるの?

そんな疑問に対する情報をお届けいたします。

 

 

居住用財産を売った時の特例とは

不動産を売却した時の税金は価格も大きいので
とても気になりますよね。

不動産といっても大きく分けると

・居住用財産と事業用財産

に分かれます。

 

アパート売却

所有して住んでいる家は、居住用財産になり
それ以外は事業用財産になります。

所有して住んでいる家を売却したときには
3,000万円の特別控除という制度があります。

これは、売却しても3,000万円までは、課税対象にならないので
税金がかからなくなります。

この制度を利用すると、売却した時の税金は心配しなくていいので
安心して売れるわけですね。

但し、今まで住んでいなかったところに、急に住み始めて
売却した時には特別控除対象にならない場合がありますので
詳細については、各国税局に問い合わせしてみてください。

 

あと、先に退去してしまってから空き家を売却する場合には
転居してから3年後の12月31日までに売却すると
控除対象になります。

他にも、特例の適用は、3年に1度だけになりますので
ないとは思いますが、毎年、居住用財産を売り続ける場合には
3年間は適応がありません。

3年間に1回使える制度となっていますので、宜しくお願い致します。

 

 

コメントを残す