分譲マンションの投資物件の経費にはどんなものがある?

高松市内で単身用分譲マンションの投資物件情報がありますので

ご紹介したいと思います。

 

 

分譲マンションの維持管理費にはどんなものがある?

分譲マンションの維持管理費にはどんな種類があるのでしょうか?

アパート建築

管理費、修繕積立金、駐車場、自治会費などです。

 

管理費は、管理人の人件費や日常清掃費用
その他必要な経費を支払うための費用です。

修繕積立金は、将来の外壁塗装や屋上防水工事費用、
廊下などの修繕費用に使うための積立金です。

駐車場は、敷地内で駐車場を借りるための賃料になります。

あと、各分譲マンションによって、自治会費や自転車ステッカー費用
など細かな費用がかかってくることもあります。

 

以上のことを考えて、分譲マンションの投資物件の収支は
家賃収入から、上記の支出を引いた金額が手取りとなります。

例えば、家賃40,000円、共益費3,000円の場合には
管理費5,000円、積立金5,000円、駐車場5,000円だと

収入は、43,000円-15,000円=28,000円になります。

賃料収入ばかりを見ていると、思った以上の支出がある・・・
なんてことにもなりかねませんので、
しっかりと収支をみて判断することが大切です。

マンション成約

以上が、分譲マンションの経費関係の情報です。

ぜひ、参考にしてみて下さい。